スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
バリ島 ⑨
ウブドゥについた私たち。
私は、ウブドゥで、絶対に行きたかった場所がありました。
ボディーワークス・センターというスパです。
私は、温泉やスパやマッサージが大好きで、日本でも良く行くほうですが、
コチラは、バリ通の方が是非行った方がいいとお勧めしてくださっていました。
バリと言えば、スパ・マッサージ。毎日でも受けたいと思っていました。
ボディーワークス

お友達にわがままを言って、まずは、予約に向かいました。
このスパは、”神の手”を持つカリスマヒーラー、カトット・アルサナ氏主宰のスパです。
アルサナ氏のヒーリングスパは、人気が高いので、ハイシーズンともなると、数ヶ月前から予約が埋まるほどです。
もちろん直伝のお弟子さんたちのマッサージも技術レベルが高いのです。
今回初めてだったので、まずは、一時間のリラクゼーションマッサージを予約しました。
お友達も一緒に予約することにしてくださり、ありがとうです。

一旦そこを出て、お買い物探検に出かけました。
ウブド市場には、ところ狭しとたくさんの商品が山積み。
値段の交渉の駆け引きが楽しいところでもあります。
お友達が息子さんにと、シルバーネックレスを買うときも、最初500000rpとふっかけられ、
とんでもない買えない、100000rpはどうかというと出来ないと。じゃぁいらないというと
結局ペンダントトップと皮ひもで100000rpにしてくれていました。

本当にいっぱいお店があって、回りきれない感じです。

お腹もすいたので、途中NOMADというお店に入りました。
化学調味料を一切使用せずに、自家製のオーガニック野菜を使ったお料理を出してくれるお店です。

NOMAD
写真の右上のほうに凄い色のジュースが写っていますが、あれは、私が頼んだアップルとミントとジンジャーがミックスされたスムージーなんですが、見かけによらず、ものすごく美味しかった!お勧めです。
そして、餃子チックな春巻きと、生春巻きを頼んで、お友達とシェアして食べましたが、これもまた大正解で、美味しかったです!

そのあと、無事に両替もして、お買い物も楽しみました。
途中、28度くらいの暑さの中、ジェラートを食べましたが、これもまた美味しい。
今のところ、食べ物にハズレがありません。ラッキーでした。

お昼の1時にボディーワークスに予約していましたので、ぴったりの時間につきました。

お友達と同じメニューだったので、同じお部屋で受けることに。
好きなオイルをまず決めて、ベッドに横になります。
もう、天国のようでした。
今まで受けた中で、一番上手かも!
痛くもないし、でもしっかりほぐされ、体がとても楽になってゆきます。
お休みをいただいて、是非バリで心も体も休めてきてといって下さった店長や、二人で留守番任せておいてといってくれた子ども達、留守中何かあったら自宅に駆けつけるよと言ってくださった仲良しスタッフ、こうして一緒に来てくださったお友達、日ごろ私を支えてくださってる方への感謝の気持ち、皆さんのおかげでこうしてこちらに来ることが出来て、感謝の気持ちがこみ上げてきて、泣いちゃいそうになるのをこらえていました。

終わったときには、目がパチッと開いて視力が良くなった感じ。
あっという間でした。

終わると服に着替えて、お茶をいただきます。好きなだけ居てもいいよという感じでした。
ボディーワークス
ここでも、感動的なことが起こります。

お茶をいただいていると、背中に人の気配が。
ステキなところだね~なんて、後ろを振り向くと、
お髭の男性が。あれはもしや、カリスマヒーラーのアルサナ氏。
私が一人感激して、わぁ~!と言葉も出ないでいると、近づいてきてくださり、
握手してくださいました。もう大感激。
というのも、その手から何か温かいものを感じたからです。

そしたら、アルサナ氏が、私の体をじっと見回したかと思うと、後ろで手を組みなさいと促しました。
そしたら、私の肘を掴んで急に背中を・・・バキバキ~ッ!と。何度か。
首も、肩と頭を押さえて、左右、バキバキ~ッ!と。
びっくりしました。何が起こったのか。痛いんじゃないかと思いましたが、痛くないんです。
何だか、急にデトックス?私の体の中で何が起こったのか、急に大量の涙が溢れ出して。
顔を両手で覆っても溢れる涙が止まりません。
泣き止もうと息を整える私に合わせて、アルサナ氏も息を合わせながらすぅーはぁーして、私の背中を抱き寄せながらさすってくださいました。
感謝の気持ちでいっぱい。
神様にさすっていただけたような感覚でした。大丈夫だよ、大丈夫だよと。
簡単にありがとうなんていう言葉ではいけない気がして、
手をおでこのところで合わせて、深く深く何度もお辞儀をしました。
アルサナ氏に一緒に写真まで撮っていただきました。
初めて行ったバリで、初めてこちらで施術を受けることが出来て、そこで滅多にお会いできない神の手を持つアルサナ氏にお会いできた上に、じきじきに手をかけていただけるなんて。
不思議な出来事でした。
偶然などない。必然的に起きたこと。
また、いつか、お会いしに来よう。そう思います。

ウブドゥの一日は、まだまだ続きます。

関連記事
スポンサーサイト
【 2013/06/07 20:20 】

| お出かけ | コメント(0) |
<<バリ島 ⑩ | ホーム | バリ島 ⑧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。