スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
バリ島 ⑧
感動的なサンライズを見たあと、
いつもの美味しいレストランで美味しい朝ごはん。
いつものように、コックさんに、オムレツを焼いていただきます。
「マッシュルーム、チーズ、オニオン、パプリカ」
私のお気に入りの組み合わせです。
朝食
外で食べてるみたいなテラスのお席は、暑いのですが、本当に気持ちがいい。

床
床のフランジパニの絵がかわいいので、写真を撮っていたら、
ウエイターの方が、お庭から、フランジパニのお花を持ってきて(たくさん落ちているのです。)、
私の耳に飾ってくださり、テーブルにも飾ってくださいました。
「ジャパニーズビューティー^^」
お世辞がお上手です。
みなさん、お優しいのです。そういうちょっとした心遣いに、嬉しくなりますよね。気分良くいさせてくれる感じです。

食事のあと、昨日申し込んでおいたとおり、9時半にシャトルバスが迎えに来ていました。
現地人の日本語ガイドの方が、声をかけてくださいます。
今日は、アリプトラさん。38歳。あつかましいかもしれませんが、私より年上だと思っていました。
「私が結婚してなかったら、お嫁さんにしたいですね。」
お世辞もお上手です。

今日は、一日、ウブドの街を探検です。
向かう途中、いろいろな街を通ります。
石像
石像の町、木彫りの町・・・

日本語ガイドのアリプトラさんが、不意に提案してくださいました。
「アタは見に行きましたか?15分ぐらいだったら寄ってあげますよ。いい工場を知っています。」
というので、お願いしました。
アタ
まずは、作っているところを見せてもらって、お店の女の子が説明してくれます。

ビール瓶の王冠に穴を開けてそこにアタを通し、太さをそろえます。それから編むのです。
アタ
そのあとに、燻製することで、虫がつかなくなり、丈夫なカゴの出来上がり。

作るところを見ると、安心しますし、手作りの良さが大事にしようという気持ちにさせてくれます。
こんなに可愛らしい女の子達が丁寧に作っているのです。
こういう工場で買うと高いのが普通なのですが、ここはそうでもありませんでした。
娘に、浴衣のときに持てるような巾着かごを一つ買いました。旅の思い出です。

そのあと、またウブドゥへ向かいます。街に差し掛かったとき、ガイドのアリプトラさんが、
円をルピアに換える安心安全なお店を教えてくれました。
必ず手数料を確認すること。ルピアに交換してもらったら、必ずその場で数えて確認してください。
レートが良すぎても、巧妙な手口でごまかす店もあります。だそうです。

さて、サレンアグン宮殿に到着。そこで降りました。
夜の9時過ぎに、同じ場所に迎えに来てくれます。必ず迎えに来ます。アリプトラさんと運転手さんと、一旦お別れです。

関連記事
スポンサーサイト
【 2013/06/07 18:42 】

| お出かけ | コメント(0) |
<<バリ島 ⑨ | ホーム | バリ島 ⑦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。