五感を使って感じようとしてみること
日ごろ、忙しく時間に追われて過ごしていると、見過ごしてしまっていることがたくさんあります。
食事も時間に追われて、かき込む様にとりあえず食べていたり、時間に追われてとりあえず用事済ませるために自転車を飛ばす。
ゆっくり歩けば、その日の気温や、風の匂い、道に咲くお花、芝生の匂い、雨の匂い、葉のすれる音、いろいろなものを感じることが出来るはずなのに。

今日は、CLASSICAさんでのイベント、”コーヒーと音楽の時間”に参加させて頂いて来ました。
二階にcote cafeというカフェがありまして、そこが会場です。
OGURA COFFEEさんの洗練されたセレクトの豆で、それぞれお好みのコーヒーを飲みながら、音楽と上質な家具に触れる・・・というものでした。

十分に時間に余裕を持って出かけたはずなのに、日曜日の渋滞を甘くみていました。
始まる時間になっても、着かない。心配してお電話をいただいてしまいました。
少し遅れて到着してしまった私を、スタッフの方も講師の方も、他の11名の参加者の方も、温かく迎えてくださり、席に着くことが出来ました。テイスティングの一杯目に間に合ったのでした。

ウォールナットの落ち着いた家具でしつらえられた会場。

M'ssystemの波動スピーカーから流れる、スタッフの方選りすぐりのJAZZやボサノヴァは、懐かしいレコード。
ターンテーブル

参加者は、12名という贅沢な時間です。

焙煎したての新鮮なコーヒー豆を、50.1gずつ秤で丁寧に量り、カリタのミルでひきます。そのときに、凄くいいコーヒーの香りが。
今回、フレンチドリップのスウェーデンの容器に挽いた豆を入れ、熱湯を注ぐと、豆の香りが立ち上ります。

フレンチドリップ

贅沢に、シングルテイストのコーヒーを5種類順番に一つずつ味わっていきました。

普段は、美味しいかそうでないか、口に合うか合わないか、酸味があるかマイルドか・・・ぐらいしか感じようとしないで飲んでいましたが、
今回は、五感を使ってじっくり味わうということを教わったように思います。

香りはどうか。
味はどうか。
口に含んだときの鼻に抜ける香り。
舌触りはどうか。
飲んだ後にふっと香る香り。

オレンジっぽさのあるもの。後でイチゴっぽさを感じるもの。イチゴとすれ違った感じ。
麦のような香り、冬の芝生のような感じ。
野暮ったいもの。ミルクの香り。チョコのような風味。しっとりとしているのか、さっぱりとしているのか。
甘いもの、硬いもの、やわらかいもの。

テイスティング

ペーパードリップだと、粉っぽさは残りにくいのですが、ペーパーに油分を吸い取られてしまうことも。
そういえば、昔母が紙の匂いをとるのに、まずお湯を注いで臭さを取ってから、豆を入れていました。

今回は、良く紅茶で使われるフレンチドリップだったのですが、粉っぽさもほとんど気になりませんでした。

講師の堀内さんは、とてもお優しい物腰で、親しみやすいお人柄。
豆に対する思いも伝わってきました。

途中、前に出て、コーヒーを淹れさせていただきました。
とっても緊張しましたが、豆を挽いたときに、凄くいい香りがほわ~んと立ち上ってきたのを感じることが出来ましたよ。(そのときの様子は、コチラ→のコテカフェさんのニュースでご紹介されています。)

最後は、講師の堀内さん自らが、2012年のカップオブエクセレンス入賞のコーヒーを淹れてくださいました。
とっても、おいしかったです!

ゆっくりとした時間、いい音楽の流れる場所で、じっくりと新鮮で美味しいコーヒーを味わいながら、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

ぜひ、豆をいただいていこうと思い、深煎りなのに爽やかなグアテマラか、力強いケニアマサイか、とっても迷って聞いてみましたが、どちらも売切れてしまったとのこと。
そしたらなんと、堀内さんのおはからいで、2012年コスタリカカップオブエクセレンス入賞のコスタリカフライレスを分けていただけることに!
コスタリカカップオブエクセレンス
なんということ!
申し訳ないやら、嬉しいやら。ありがとうございます。

ステキな家具にゆったりと座り、いい音の心地よい音楽と
素晴らしく上質なコーヒーを味わう時間。

そして、そのことを共感できること。

とても幸せな時間を過ごすことができました。
心をこめてお礼を申し上げて。

一階のお店を少し覗いておりましたら、
ご案内をくださったスタッフの女性が、親切に説明も下さり、いかがでしたか~と話しかけてきてくださいました。
そういうのって、嬉しいですよね。

いい時間を過ごすことができました。

ゆっくりと流れる時間を大切に過ごすことは、本当に大事ですよね。
丁寧に入れたコーヒーを、お茶を、食事を、五感を使って味わう。

日々の暮らしの中でも、とっても大切にしたいと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
【 2013/03/17 22:30 】

| セミナー | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<sakura | ホーム | 花いっぱいの東日本大震災復興支援イベント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happinessflower2011.blog.fc2.com/tb.php/82-c9ac1b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |