大泣きしました
こんにちは。

今日は、お仕事のあと大事な用事を済ませ、娘と久しぶりに映画を観に行きました。

(先日は、息子と二人で、テルマエロマエを観て、笑ってきたのですが・・・)

今日娘が観たがっていたのは、珍しくアニメだったので、
気持ち半分は、たいして興味も持たないまま観に行ったのですが・・・

観たのは、おおかみこどもの雨と雪

お母さんの花は、クリーニング屋さんでバイトをしながら、奨学金を受けて大学へ通っています。

大学のシーン、メディアでのシーン・・・

子ども達が病気のとき、独りでどうしたらいいのかと、誰にも相談できずに心配で押しつぶされそうな気持ち。

じきに、シーンは、田舎生活に。
娘と二人で、この見覚えのある山だよね・・・
この美しい、登った人にしか見ることの出来ない池は、みくりが池みたいだぁ・・・
かもしか、雷鳥、真っ青な空・・・この滝は、称名滝に似てるなぁ・・・
真っ白な音の無い銀世界・・・
そう思いながら観ていました。

主人公の花が、息子雨を想う気持ち・・・自分の元を離れて山へ行ってしまうのではないかという気持ち。
ずっと24時間守ってきた子ども。見えるところに、いつも目の届くところにそばにおいておきたいけど、
でも自分の生きる世界を見つけて羽ばたいて欲しいし、幸せになって欲しいと願う気持ちとの葛藤。
姉、雪の友達の草平の”俺なんか要らないんだよ”という気持ち。
そして、お花畑での彼との再会シーンでの彼の台詞。

リアルだわと思いながら、いろんなシーンが心に響きました。


終わりに近づくにしたがって、シーンごとにますます涙が。

隣で娘も鼻をすすっています。

嗚咽してしまうのではないか・・・と抑えるのにひっし^^;

エンドロールを観ながら、また思わず口をハンカチで押さえるほど^^;;;;

映画が終わった後も、二人で暫らく席を立つことができないほどでした。
二人で、泣きはらした顔を見合わせて、
「参ったね。なんか、今までで一番だったよね。」
そう言うと、娘も、
「これは、今の私達にしかわからないものがあるよね。思い出しても泣ける!」

二人で、
「これDVD出たら買って、家で観たら、今日のこの(これでも!?)不完全燃焼な感じじゃなく、
声出して泣いちゃうよね。我慢しないで。」

ライフイズビューティフルも、相当な涙しましたが、
今日はそれを越えました^^;

実写のような美しいリアルな絵にもびっくりです。

もう一度観に行きたいよねと言いながら帰りました。


関連記事
スポンサーサイト
【 2012/07/22 20:40 】

| お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Happy 10th Anniversary | ホーム | ハーブティー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happinessflower2011.blog.fc2.com/tb.php/43-d254594f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |