ハーブティー
今日は、随分と気温が下がりました。気温の変化に身体を合わせるのが大変ですね。

でも、前日までは30度を越える猛暑だったので、今日のような気温ですと、体がとっても楽ですね。

朝から、プランターの伸び放題になっていたハーブ達のお手入れをしてあげました。
ハーブを植えておくと、虫除けになったり、いい香りを楽しめたり、
ちょっとお料理に使えたり。
アロマオイルも炊いたりしますが、生のハーブを楽しんだりもしています。


長く^^;女性をしていますと、先輩女性から更年期の辛さなどを伺ったりして
私もここ数年前から、PMS(月経前症候群)の症状を気にするようになりました。
お年頃でございます。
PMSとは、排卵から月経前に起こる不快な身体的精神的な症状のことで、
健康な女性ならどなたでも起こりうることなのでそんなに不安になることは無いのですが、
最近元気ないなって自分に感じたりしたときに、少し頭の片隅においておくといいのかもしれませんね。
よく症状として言われているものは、

月経前の下腹の痛み
腰痛
頭痛
めまい
吐き気
ひどいむくみ
便秘
ニキビ
などなど。

精神的な症状として多くあげられるのは、

月経前のイライラ・気分の落ち込み
集中力の低下
仕事ができなくなる
不眠
理由もなく突然泣きたくなる
過食
甘いものばかり食べ過ぎる
などなど。

ホルモンバランスが、不安定になって起こると言われています。

上に挙げた例は主なもので、全て現われるわけでもなく、また他の症状も現われる場合もあり、人様々ですが、
症状が強く、日常生活に支障をきたす位のコントロールできない症状が出ると
PMSという診断が下るようですね。

本人もとても辛いんですよね。

お医者様に行っても、そこまで診断されるほどの辛い症状ではなくても
多少なりとも感じていらっしゃる方も多いはず。

そんな時期を緩やかに穏やかにやり過ごせたら、もっと楽しい毎日を感じられると思うんですよ^^


先日、ハーブ専門店に行った時に、そんなハーブティーを探してきました。

私が探していたのは、チェストツリー。
セイヨウニンジンボクとも言います。

ホルモンバランスを正常化するハーブで、母乳の出をよくしたり、不妊治療にも使われてきました。
PMSの時期だけでなく、毎日摂り続けることでホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

お店の方に聴くと、他にもブレンドして飲むと良いと教えていただきました。

そこで、選んだのが、

ラズベリーリーフ。

柔らかい甘みが特徴です。出産の準備を整えるための役立つハーブで、強壮作用があり鎮静作用もあります。子宮と骨盤の筋肉を強化するため、健やかな出産と産後の回復に役立ちます。助産師が付き添う形の最も自然な分娩が一般的だった時代に「安産ティー」として重用されたハーブだそうです。

*しかし、ラズベリーリーフには子宮を収縮させる作用がありますので、妊娠初期~中期は控えたほうが良いそう。出産2週間ぐらい前から分娩中は飲むことは効果的だそうで、産後も母体の回復のための飲むといいみたいです。
女性ホルモンのバランスを助け、子宮を強めるよう働きかけるハーブですので、生理痛の緩和や更年期の症状緩和、また妊娠を望む女性のための体づくりにも良いとされるハーブです。

女性のためのハーブティーですね。
これは外せません。


そして、マリーゴールド。

マリーゴールドは、花びらを使ったお茶で美しい黄金色です。香りは摘み立ての野草のような花のにおいがします。味は、少し苦味がある程度でしょうか。

このハーブは、口臭予防の効果もあるし、また発汗作用があり風邪で熱があるときに飲めば症状を和らげてくれるそうです。苦味成分が胆汁の分泌を促してくれるので肝臓の働きを高めますと教えてくださいました。
体のむくみを取るのに良いと伺って、これも外せない!と思いました。

浸出液は皮膚の炎症を鎮める効果もあるそうで、日焼けした時は化粧水として利用すると良いらしいですよ。
お風呂に入れて入浴剤代わりに使えば、新陳代謝を活発にしてくれるとのこと。
ねんざや傷の治療にもいいそう。


そして、気分の落ち込みには、セントジョーンズワート。

セントジョーンズワートはさわやかな香りと少し苦味もあります。

神経系の強壮作用に優れており、不安な時や心労がかさんで弱気になった心を鎮めてくれます。
また生理不順、消化不良、そして喘息の方にも良いそうで。
更年期の沈んだ気分を解消してくれたりもします。


これら4種類のハーブをブレンドして、飲んでいます。

熱く沸かしたお湯をポットに注ぎ、じっくりじんわりいい成分がお湯に溶け出すのを待って、
お気に入りのデュラレックスのガラスカップに注ぎます。
きれいな金色に輝いています。

そのお茶に、フラワーエッセンスを数滴たらして飲むのもいいですね。


そして、窓の外の緑の樹が風に揺れる様などを見て、ホッとしたひととき。
一日のうちで、ほんの少しのそんな時間を持つように心掛けています。

そんな時間は、テレビはつけず、自然の音を楽しむか、
音楽だけにします。
ヒーリング音楽などリラクゼーションミュージックが良いですね。
最近は、”更年期障害を和らげる音楽”というCDも出ていたりします。

自分をニッコリにする時間、大切にしましょう。
積極的にとりたい食品として
豆類、緑黄色野菜、海藻類、オリーブ油、大豆油、サフラワー油、胡麻、落花生、アーモンド、玄米、そばなど。

逆に避けたい食品として
白糖、ジュース、ベーコンやハム、珈琲、紅茶、チョコレート、添加物、アルコール、漂白した小麦粉、耶蘇の加工品など。

完璧には無理ですが、
少し意識するだけで、身体も変わってくるのではないでしょうか。

自分が心地よいと感じることが大事です。

出来ることをやってみればいいのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
【 2012/07/20 08:31 】

| フラワーセラピー | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<大泣きしました | ホーム | ネコの夢>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happinessflower2011.blog.fc2.com/tb.php/42-08bc8f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |