ありがとうを伝える贈り物
ありがとうの言葉を添えてお花を贈りたい。

おめでとう!!!の時などは、じゃーんと華やかに!というものが多いのですが、
「ありがと。」
そんな時は、小さいながらお気持ちは深くというのが多い気がします。

大げさじゃなく、さり気なく贈りたい。
やっぱりそんなご依頼でした。

飾っていただいて、目に入った時も、
贈られる方の優しい感謝の気持ちがそっと滲むような。

ありがとう

パステル調の優しい色でということでした。

色で、ずいぶんと伝わる気持ちも変わります。
パステルの明るく軽やかな色で、爽やかなふんわりとした優しい気持ちを贈ります。
ありがとね。
私もそんな気持ちになって作ります。
布に印刷した、Thankyou を付けました。
ケースに入れて、リボンをかけて、ご依頼くださった方にお届けしました。

依頼を受けると、その方の気持ちや受け取る方の気持ちにできるだけ近づこうと、
疑似体験します。笑
作る私も暖かい気持ちになれるんです。

後日、喜んでくださっていたと聞いて、その方の気持ちが伝わったのだと思うと、
良かった~とホッとする瞬間です。


先日、就職が決まった娘に、同級生のお友だちのお母様から、贈り物をいただきました。
大げさじゃなく、いつも使うさり気ないもの。
その思いもかけなかった心遣いが、母としてすごく嬉しかったんです。
お友だちが娘を大切に思っていてくださっているということでもあり、そのご家族も日ごろから娘を応援してくださって気遣ってくださっているということ。
ご自分の娘さんを想うように、娘さんの友達を大切に思ってくださっている気持ちが伝わってきます。
それは巡り巡って、母である私にも同じことなんですよね。
娘を大切に思ってくださってありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この世に産み出した子供を社会に出すまで、本当にいろいろなことがあって、
嬉しいことも大変なことも、分かり合える同士がママ友なんですよね。

就職が決まった時、今までの子育てを、社会に認めていただけたような気持になりました。

そして娘にも、こんな気持ちにさせてくれたことをありがとう。

春からは、自分の足で、自分の道を見つけて、歩いてゆきます。
色々な壁にもぶつかると思うけど、そんな時はここにいつでも戻ってきていいんだよと伝えました。
いつでも味方です。
それは戻りっぱなしでということではなく、一旦ここにしゃがんで、またジャンプするために。
いつでも、あなたに温かい飲み物を用意してスタンバイしてるよと。

そして、色々な方に、見えないところで、支えてもらってるということ。
思ってもらっているということを心に置いておいてほしいな。

気持ちを伝えるって大事ですね。

そんなことを最近想ったりしています。
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/10/11 09:54 】

| 作品 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<新宿御苑 | ホーム | 藍の石鹸づくり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happinessflower2011.blog.fc2.com/tb.php/252-55754b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |