スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
京都へ⑤(詩仙堂)
銀閣寺道から、バスに乗って、一乗寺下り松町で降ります。

宮本武蔵が、下り松にくだる途中、八代神社で神頼みを思い立ちました。しかし武蔵は、はっと思いとどまり、
「さむらいの味方は他力ではない。死こそ常常の味方である。さむらいの道には、たのむ神などない」
神仏に頼ろうとした自分の弱さこそが問題だと。
武蔵は後に、自戒の壁紙文「独行道」の一項に「仏神は尊し仏神をたのまず」と書き残したそうです。

詩仙堂に行く途中に、松と石碑がありますので、お見逃しなく。

詩仙堂

この入口の雰囲気も、入ってからも好きです。

詩仙堂

あの縁側に座って、日向ぼっこしました。気温が低く、寒かったのですが、
それでも、あの日当りのいい縁側は、気持ちのいい場所です。
本や詩を読みながら、ずっと居る人もいます。

詩仙堂

詩仙堂

何だか、居心地がいいんですよ。
ぼーっとしたりして、心が無になって。そんな場所です。

京都は、実はそんな場所が多いです。
その場所に佇めば、他に気が散らない、そんな感じです。

時折聞こえる、鹿威しの音。カン!

立派で大きな仁和寺も、とっても好きですが、
自分ちの庭みたいな居心地のいい、詩仙堂も好きです。

小一時間もいたでしょうか、この後、一乗寺の駅の向こうへお昼ご飯を食べに歩きました。

関連記事
スポンサーサイト
【 2014/01/15 21:53 】

| お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<京都へ⑥(お昼ご飯とけいぶんしゃ) | ホーム | 京都へ④(銀閣寺~)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happinessflower2011.blog.fc2.com/tb.php/141-978026cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。