スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
フラワーエッセンスで心を元気に
こんにちは。

今日は、フラワーエッセンスの体験講座について、お話ししようと思います。

Tanayaさんの定休日の日曜日に、予約制でお受けさせていただいているのですが、
フラワーエッセンスの体験をしていただけるんです。

「ちょっと最近、落ち込み気味なの。」
そんな方に、気軽に体験していただいております。


フラワーエッセンスとは、何ですか?アロマオイルのこと?
そう聞かれることがあります。

フラワーエッセンスとは、心の美容液みたいなものなんですよ。


エッセンシャルオイル(アロマオイル)は、わりと知られて気軽に手に入りますよね。
植物の抽出成分で、芳香浴(香りで癒したり)、直接肌に塗ったり、お風呂に入れたりして使います。

フラワーエッセンスは、まだご存知の方が多くないように思うのですが、
成分は、天然水と保存料としてのアルコール、または植物性のグリセリンだけでできています。
他には、物質的なものは含まれておりません。ですので、直接肌に付けたり、お風呂に入れたり、
そして主に飲用したりして使うものなんです。

その昔、マヤ文明のマヤ人たちや、古代エジプト、またオーストラリアの先住民たちは、
花びらに溜まった朝露を飲み、活用していたといわれていたことがわかっています。
花びらの上に少しずつたまった朝露が太陽の日差しを浴びることで、その朝露にお花の波動が蓄えられると考えられていました。


さまざまな環境の中、しっかり根ざして育つ植物たち。その中でもお花は、葉がポジティブに進化したものであり、一番エネルギーが強い部分だといわれています。

お花を見ると、悲しいときには慰められ、嬉しいときには、喜びを華やかなものに・・・。
寒い冬が終わりかけのころ、道端に咲いた花を見て、ちょっと元気が出て暖かくなったりしませんか?
レストランやカフェのテーブルに、何気ない一輪の花が小さなグラスに飾ってあるだけで、ふっとその場が和む。

そのように、花々に心を癒されるご経験がおありの方は多いと思います。

それぞれの花が持つ癒しのエネルギー(波動)をお水に転写させたものが、フラワーエッセンスなんです。




一般的な使用方法は、飲用する方法です。
一回3滴ほどを直接舌下に垂らしたり、飲み物に3~4滴垂らして飲用します。

他には、直接身体に塗ったり、クリームや化粧品に入れて使ったり、スプレーしてお部屋の空気を浄化したり、ペットの飲み水に入れたり肉球にすり込んだりする自然療法として使います。副作用も習慣性も全く無いのでできること。



1930年代、イギリスのバッチ博士が療法として確立しました。
病気の根本原因は精神の不調から来ると確信し、植物の持つ癒しのエネルギーで心の不調を整えることによって、心身ともに整えてゆくという研究を重ね作られました。

自然療法の中でも、フラワーエッセンスは唯一、経路、チャクラ、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体、そして高次の霊的エネルギーにまで作用し、 ストレスや不安を取り除き、心を整え安らぎを与えてくれるといわれています。

そのときの、自分の感情に気づき、感情に合ったエッセンスを選び、気分の不調を整えてゆきます。
感情は、エネルギーであり、波動です。
フラワーエッセンスもお花の波動で作られています。そのポジティブな花の波動を利用して、マイナスな感情の波動をポジティブなものへと変えてゆくことができます。

日本でも、病院や個人クリニック、教育機関、カウンセラーなどが積極的に取り入れています。

フラワーエッセンスは、医薬品ではありません。肉体面の病気に直接作用するものではなく、
心のバランスを整えることにより、心身的な健康に導いてくれるというものです。

日常の暮らしの中には、様々なことが起こります。
突然自分や周りの人やペットが病気になったり、ショックな出来事で落ち込んだり、
人間関係で落ち込んだり、人に合わせてばかりで疲れたり、
過去の失敗にくよくよ思い悩んだり、
将来に不安になったり・・・
その不安な気持ちは人それぞれで、感じ方も人それぞれ。

頑張ろうって、自分を奮い立たせたり、
友人や家族に相談して励まして貰ったり、
気分転換を図ってみたり・・・

ショックな出来事やストレスに疲れ切ってるのに、まだまだ頑張ろうって、さらに努力されて。
でも、頑張っても頑張っても、晴れた気持ちにどうしてもなれない。

または、仕事や試験勉強に集中したい。
年齢のせいにして、人生をあきらめがち。
家事や育児に疲れはてて、毎日を楽しめない。

頑張りすぎちゃだめです。もう十分に頑張っています。

フラワーエッセンスは、主に心の問題に穏やかに働きかけてくれます。
意識して何とかしたいと思っても、どうしようもできないとあきらめている問題を解決したり癒したりして、
心に寄り添ってくれるのです。自分らしく楽しく生きられるようにサポートしてくれます。


心の状態は、人それぞれ。
自分で自覚してる思い込みのほかに、自分でも気づかなかった感情を持っていることもあります。

そんな心の状態を、お花カードを使って知り、それにふさわしいエッセンスを探すお手伝いをさせていただいております。

良くご質問いただくのは、
「そうだと思って選んだエッセンスが、実は間違っていたらどうなりますか?」
それは、何も起こりません。ということです。今までと変わりがないということです。
そしてまた、エッセンスを使い始めたその時から、すべての人が、効果を感じられるものでもありません。
長い間のストレスならなおさらです。

まずは、1ボトル。2~3週間使ってみて、様子を見てくださいと申し上げています。
2~3週間後に、気が付いたら、あれ?そういえば、前ならもっとこのことで落ち込んでいたのに、
今日はなんだかそうでもないなぁ。こんなこと何でもないなぁ。昨日も今日も楽しく過ごせたな。
なんて思えていたら、選んだエッセンスが、あの時のあなたにぴったりだったということ。
そういえば、ここ数日、子供を叱らずに済んだわ^^と思えるようになっていたり。

相手を変えるのは難しいことですが、自分を変えることはできます。
自分の気の持ちようを変えることは、自由なのです。
でも、そんなに上手にすぐ、気のもちようを変えるって、難しいとき、そんな気持ちになれないときあります。

心や体が疲れているときは、子供のちょっとした失敗を許せず叱ってしまっている。そんな経験ありませんか?
でも、気分のいい時は、「まっ、いっか。」そう思えたのに。

私は、フラワーエッセンスセラピストとしての資格を取得してはおりますが、
人生と同じで、学びに終わりはありません。まだまだ修行の身でございます。
ご予約いただきます度に、私も学ばせていただき経験を積ませていただいております。

先日も、ご予約いただき、受けていただきました方に、
「話をじっくり聞いてもらえたことが嬉しかった。さっそく飲んでいます。」
そんな嬉しい言葉をいただきました。
こうしてご予約してくださった時点ですでに、どうにか良くなりたい、という前向きな気持ちであるということですよね。
皆さんが、少しでも心の負担を軽くして、毎日を生き生きと過ごしていただけたら。
そんな思いで、始めてみました。

カウンセリングや病院にかかっていらっしゃる方は、そちらのほうで伺われるといいと思います。

ちょっと最近気が晴れなくて…とか、
更年期障害の始まりなのかしら…とか、
最近人間関係がうまくいってない気がする…
おうちでイライラしがちで、なんだかしんどいなってお思いの方、
アロマオイルを焚くような気軽さで、フラワーエッセンスを体験してみませんか?

Tanayaさんの定休日の日曜日、
店内のテーブルコーナーをお借りして、あなたに合ったフラワーエッセンス探しをお手伝いさせていただいております。

1,200種類以上もあるエッセンス。その中から選んだ、DTWフラワーエッセンス。
唯一カナダの現役医師DTW(Dr.Terry Willrd博士)が日本人に合ったエッセンスを開発しています。
その36種類のフラワーエッセンスの中から選んでゆきます。
お話を伺い、お花カードなども使いながら、選んだエッセンスで、トリートメントボトルを1本お作りいたします。

Happiness Flower


もしご興味がおありでしたら、スタッフにそっとお尋ねください。完全予約制(女性のみ)で受け付けさせていただいております。


関連記事
スポンサーサイト
【 2013/08/09 14:46 】

| フラワーエッセンス | コメント(0) |
<<自由が丘 | ホーム | 素敵カフェ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。