スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
川越遠足
こんにちは♪
先日の休日、お天気も良かったので、ふらり川越へ行ってきました。
前から、一度行ってみたかったんです。

川越

日傘さして、UV手袋して、日焼け対策して、行きましたよ。

藏づくりの町に向かって、クレアモ-ルを歩いていましたら、ナチュラル可愛いお店を発見。
安くて、可愛いインテリアのお店で、少しお買い物してしまいましたが、私がこれから藏づくりまで行くのだと言うと、買い物した荷物を預かって下さいました。親切!
また、少し歩き始めたら、水上製本所という和紙を使ったメモ帳などを手作りされている素敵なお店を発見。
そこで、何やら地図の着いたメモ帳を見つけました。
川越の小江戸七福神めぐりのスタンプ帳でした。

川越

今日は、七福神めぐりをして歩くことに決定!
お店を出て歩いていましたら、後ろから、お店の女性が追いかけてきて、もっと詳しく書いてある地図を持ってきて下さいました。皆さん親切です。ありがとう。
そして、無事に、最初の目的地、喜多院にたどり着くことが出来ました!

川越

ここは、大黒さまでした。
中を見学出来るので、行ってみましたよ。400円です。
春日の局の化粧の間などがあります。
建物の中は、涼しい風が通り、ひんやりととても気持ちが良かったです。

そのあと、五百羅漢も見て回りました。
川越
面白いですね。何を話してるんだろう。
「今日は、暑いな。何度くらいやと思う?」
「なんやて?聞こえへんわな。」
川越
赤ちゃんを抱いているのや、
川越
こんなのもありました。
538体ある中から、ご自分の干支を見つけて、頭を撫でるといいそうです。

その次に、成田山がすぐそばにあります。
そこは、恵比寿天。
すっきり広々な境内。あまり人がおらず、ゆっくりお参りしました。

そこを出て、連雀町の角を右に曲がり、少し行くと、
福禄寿神のお寺があります。
そこでお参りした後、お団子屋さんで、一本醤油団子をいただきました。

川越

のどが渇いたので、横にある自販機で、なぜかジンジャエールを。

そこからは、やっと蔵づくりの町。

川越

少し行くと、こんなお饅頭が色々なお店で売っています。
お店の前で蒸かして暖かいのを食べることもできます。
中には、あんことサツマイモの輪切りにしたものが入っていました。とってもおいしかったですよ。

少し歩くと、蔵づくり資料館やまつり会館などがあります。

川越


私は、お箸のお店をのぞいてみました。
いろんなお箸があって、名前などの文字を無料で入れてくださるというので、家族分のお箸を選んで
一人ずつ名前を入れていただきました。いいお土産になりました。

川越

途中、時の鐘というのがあり、ラッキーなことにちょうど三時で、鐘を聞くことができました。

川越


その近くに、ソフトクリーム屋さんがありまして、何やら、ドラマか何かのシーンで使われたことがあるらしいと書いてありました。
食べたのはもちろん紅芋ソフト。

川越

とってもとってもおいしいソフトクリームでしたよ。
近くに、かき氷屋さんもあります。そこは、多少時間はかかりますが、手作りシロップが大変おいしいそうです。

そんなことをしながら、蔵づくりの街をゆっくり歩いてみて回りました。
電柱もなく電線も景観を守るために、地中に埋められているので、空が広く感じ、
江戸時代などはこんな感じだったのだなぁと思いを馳せることができます。

礼の辻というところで、左に曲がり少し行くと、そこは菓子屋横丁です。
駄菓子屋さんが並んでいました。

川越

そこに大きな、発泡スチロールでできたパンダが!!

パンダの前に、パン屋?
パンダ君の見つめる先には・・・パン屋さん!

川越

パン屋好きな私は、もちろん入ってみました。
地粉の食パンを買って帰りましたよ。

川越

そこを過ぎると、すぐに、見立寺があります。
そこは、布袋様でした。

人がほっとんどいないので、静かにほのぼの歩いていきました。
そして次の目的地は、妙昌寺。
弁財天です。

川越

ここで、5つ目。
ずいぶん歩きました。
ここから、六軒町を通り、連雀町を曲がって、水上製本所まで戻ってきました。
お店を覗いて、
「無事回ってきましたよ~。ありがとうございましたぁ。」
とご挨拶しました。

そして、買い物荷物を預けてあるナチュラルかわいいお店に立ち寄り、
忘れず、荷物を受け取りました。

あと、二か所、毘沙門さんと寿老人が残っていますが、
疲れちゃったので、
また来た時のお楽しみ。

帰ることに。
また次回も、このスタンプ帳を持って来ようと思います。

良く歩きました。

皆様もぜひどうぞ~。
関連記事
スポンサーサイト
【 2013/07/01 06:53 】

| お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<古民家レストラン | ホーム | 紫陽花>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happinessflower2011.blog.fc2.com/tb.php/102-d4a39564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。