スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
言葉にお花を添えて
こんにちは。

進級進学の季節ですね。
先日も、息子さんの進学で、通学の関係で、お引越しをされることになった友人にお花を贈りたいということで、ご依頼を受けました。

会いたいときに約束してお茶したりランチしたり出来るお友だちが遠くに行ってしまうのは本当に寂しいことです。
でも、大事な友達だからこそ、新しい土地でも元気に幸せに暮らしてほしい。笑顔で送り出したい。
そんな気持ちを贈れたら。

海に割合近い土地へのお引越しと伺っていましたので、潮風に傷みにくい、フレームアレンジにすることにしました。

せっかくなので、お写真を飾っていただけるようにしても良かったのですが、あえて、気持ちを言葉にしてお伝えしようと思いつきました。
筆文字屋 翔空先生は、熱い心を素敵な言葉にして、ポストカードに書いていらっしゃいます。
お子様を集めて書道教室をされている素敵な先生です。
たくさんお書きになった素敵な言葉の中から、ぴったりなカードを使わせていただきました。

贈る言葉を添えて


花のアレンジは、寄せて花束風にしようかとも思いましたが、息子さんのいらっしゃるお家なので、あまりラブリーなデザインは避けようと思いました。
海をイメ-ジして、青系の色に。
青の色は、頭の疲れを浄化して、左脳の働きを高める効果があります。
青は、インディゴブル-とハワイアンブル-をチョイスしました
高ぶった感情を抑えて、血圧を安定させ、呼吸や脈拍を整える作用があります。
品格や知性を表す色でもあります。(お受験ス-ツとか)
そして、発展的な形のガーベラの白を組み合わせて爽やかに。

色目がクールなので、ちょっぴり、寂しげな感じになってしまったかな?

ご友人だけでなく、ご主人様や息子さんも目にされることと思います。
新しい土地で、目標に向かってご活躍されることをお祈りいたします。
どうかお幸せにお暮しくださいますように。


にほんブログ村 花・園芸ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ

↑参加しています。宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
【 2015/02/08 20:59 】

| フラワーセラピー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ハーブティー
今日は、随分と気温が下がりました。気温の変化に身体を合わせるのが大変ですね。

でも、前日までは30度を越える猛暑だったので、今日のような気温ですと、体がとっても楽ですね。

朝から、プランターの伸び放題になっていたハーブ達のお手入れをしてあげました。
ハーブを植えておくと、虫除けになったり、いい香りを楽しめたり、
ちょっとお料理に使えたり。
アロマオイルも炊いたりしますが、生のハーブを楽しんだりもしています。


長く^^;女性をしていますと、先輩女性から更年期の辛さなどを伺ったりして
私もここ数年前から、PMS(月経前症候群)の症状を気にするようになりました。
お年頃でございます。
PMSとは、排卵から月経前に起こる不快な身体的精神的な症状のことで、
健康な女性ならどなたでも起こりうることなのでそんなに不安になることは無いのですが、
最近元気ないなって自分に感じたりしたときに、少し頭の片隅においておくといいのかもしれませんね。
よく症状として言われているものは、

月経前の下腹の痛み
腰痛
頭痛
めまい
吐き気
ひどいむくみ
便秘
ニキビ
などなど。

精神的な症状として多くあげられるのは、

月経前のイライラ・気分の落ち込み
集中力の低下
仕事ができなくなる
不眠
理由もなく突然泣きたくなる
過食
甘いものばかり食べ過ぎる
などなど。

ホルモンバランスが、不安定になって起こると言われています。

上に挙げた例は主なもので、全て現われるわけでもなく、また他の症状も現われる場合もあり、人様々ですが、
症状が強く、日常生活に支障をきたす位のコントロールできない症状が出ると
PMSという診断が下るようですね。

本人もとても辛いんですよね。

お医者様に行っても、そこまで診断されるほどの辛い症状ではなくても
多少なりとも感じていらっしゃる方も多いはず。

そんな時期を緩やかに穏やかにやり過ごせたら、もっと楽しい毎日を感じられると思うんですよ^^


先日、ハーブ専門店に行った時に、そんなハーブティーを探してきました。

私が探していたのは、チェストツリー。
セイヨウニンジンボクとも言います。

ホルモンバランスを正常化するハーブで、母乳の出をよくしたり、不妊治療にも使われてきました。
PMSの時期だけでなく、毎日摂り続けることでホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

お店の方に聴くと、他にもブレンドして飲むと良いと教えていただきました。

そこで、選んだのが、

ラズベリーリーフ。

柔らかい甘みが特徴です。出産の準備を整えるための役立つハーブで、強壮作用があり鎮静作用もあります。子宮と骨盤の筋肉を強化するため、健やかな出産と産後の回復に役立ちます。助産師が付き添う形の最も自然な分娩が一般的だった時代に「安産ティー」として重用されたハーブだそうです。

*しかし、ラズベリーリーフには子宮を収縮させる作用がありますので、妊娠初期~中期は控えたほうが良いそう。出産2週間ぐらい前から分娩中は飲むことは効果的だそうで、産後も母体の回復のための飲むといいみたいです。
女性ホルモンのバランスを助け、子宮を強めるよう働きかけるハーブですので、生理痛の緩和や更年期の症状緩和、また妊娠を望む女性のための体づくりにも良いとされるハーブです。

女性のためのハーブティーですね。
これは外せません。


そして、マリーゴールド。

マリーゴールドは、花びらを使ったお茶で美しい黄金色です。香りは摘み立ての野草のような花のにおいがします。味は、少し苦味がある程度でしょうか。

このハーブは、口臭予防の効果もあるし、また発汗作用があり風邪で熱があるときに飲めば症状を和らげてくれるそうです。苦味成分が胆汁の分泌を促してくれるので肝臓の働きを高めますと教えてくださいました。
体のむくみを取るのに良いと伺って、これも外せない!と思いました。

浸出液は皮膚の炎症を鎮める効果もあるそうで、日焼けした時は化粧水として利用すると良いらしいですよ。
お風呂に入れて入浴剤代わりに使えば、新陳代謝を活発にしてくれるとのこと。
ねんざや傷の治療にもいいそう。


そして、気分の落ち込みには、セントジョーンズワート。

セントジョーンズワートはさわやかな香りと少し苦味もあります。

神経系の強壮作用に優れており、不安な時や心労がかさんで弱気になった心を鎮めてくれます。
また生理不順、消化不良、そして喘息の方にも良いそうで。
更年期の沈んだ気分を解消してくれたりもします。


これら4種類のハーブをブレンドして、飲んでいます。

熱く沸かしたお湯をポットに注ぎ、じっくりじんわりいい成分がお湯に溶け出すのを待って、
お気に入りのデュラレックスのガラスカップに注ぎます。
きれいな金色に輝いています。

そのお茶に、フラワーエッセンスを数滴たらして飲むのもいいですね。


そして、窓の外の緑の樹が風に揺れる様などを見て、ホッとしたひととき。
一日のうちで、ほんの少しのそんな時間を持つように心掛けています。

そんな時間は、テレビはつけず、自然の音を楽しむか、
音楽だけにします。
ヒーリング音楽などリラクゼーションミュージックが良いですね。
最近は、”更年期障害を和らげる音楽”というCDも出ていたりします。

自分をニッコリにする時間、大切にしましょう。
続きを読む
【 2012/07/20 08:31 】

| フラワーセラピー | コメント(0) | トラックバック(0) |
バランス
台風が日本を直撃しています。
窓に雨が打ち付けています。
どうか皆様、気をつけてお過ごしくださいね。

フラワーライフセラピスト講座を受講いただいているM様。
アレンジメントの講座でご用意する教材選びは、いつもなんとなく
この形のアレンジメントでこのお色をご用意させていただけば、お心を癒していただけるのではないか・・・
そんなことを思いながら、選んでいます。

今回は、フレームを使って壁にかけるタイプで、ブラウン系をご用意いたしました。

生徒さんの作品

アレンジメントを製作する手順などをご説明させていただきます。
もちろんプリザーブドフラワーの加工の基礎的なワイヤーワークから丁寧にお伝えしています。
そして、ご本人にまず作っていただくようにしています。

ご本人の感性や今の感じるままのお気持ちを大切にしたいと思っています。

気持ちが落ち着かなかったり、焦っていたり、
また逆にリラックスしていたり・・・
それがアレンジメントに現われたり
アレンジメントしていくことによって、安定したりするからです。


今回の作品を作ることによって、
心が開放され、リラックスしていただけると良いなと思いました。
気持ちを鎮め、安心感を持っていただき、
自分らしく自然体でいられるような、ご自身を信頼できる感じを持っていただけたら良いなと思います。

今回こうした空間を広げるような大きめの作品を作るのはとても難しかったけど、
楽しいとおっしゃってくださっていました。

花材が同じでも、お花の大きさや色の配置で、随分変わります。
そのときの心の状態でも違ってきますね。
そのことも感じていただけたのではないでしょうか。

少し休憩を挟んで、心理学の基礎講座では、
まずは、身近なご家族やお子様に当てはめてみたりして、熱心に聴いてくださいました。


そして、最後に付け加えてお伝えしたいことがありました。

普段、私も心掛けていること。
それは、瞑想であり、呼吸です。

目を閉じて、不安ならば半眼で、
深く息を吐いて、心の中や身体にある悪いものを吐き出すように、息を十分吐ききって、
そして、吸い込みます。
大地と宇宙を感じてつながり、胸に取り込みましょうって。

心がくたびれているとき、時間や何かに追われ焦っているとき、
呼吸が浅くなっているんですよね。
そんなことは、誰でもあるんです。

ですから、そんなときは、瞑想を。肩の力を抜いて深く呼吸しましょう。

ヨガの先生方も、メンターの先生方もそうおっしゃいます。

心と体と魂のバランスを整えます。

心の波を鎮めて、穏やかな毎日を過ごしましょう。
【 2012/06/19 20:39 】

| フラワーセラピー | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。